無駄毛で以外と気になる部分があるのでミュゼ春日部店に通いたい件

女性の体の中で、無駄毛が意外と気になる部分は、顔の無駄毛の未処理がある場合です。

特に、横わけの髪型の方は、おでこがすべて見えてしまいますので、完全に無駄毛の処理をしておかないと、目立ってしまいます。

おでこの生え際の部分は、ちょっと油断すると、うずを巻いたように長く無駄毛が伸びてしまいますので、きれいな印象にはなりません。

ですが、顔脱毛をするためだけに近所にある春日部のミュゼに行くことはできません。

ですから、自分で顔の無駄毛の処理を行う場合には、1週間に2回ののペースでカミソリで剃って行かないと、無駄毛は容赦なく伸びていきます。

シェーバーを使用すると、切れ具合がまばらになったり、剃り残しが有ったりしますので、この状態を避ける為にも、自己処理で行う場合、カミソリで剃る事をお勧めします。

カミソリの刃を顔に当てる時の注意点として、毛の流れに沿って剃るようにします。

そして、カミソリの刃を顔にあてる角度は、直角ではなく、30度くらいに寝かせて顔の曲線にそって剃るようにすると、顔の表面を傷つける事なく、丁寧に無駄毛の処理を行う事ができます。

敏感肌の方の場合は、カミソリを当てる前に、クリームで下処理をしておきます。

このようにムダ毛を処理していますが、できればミュゼ春日部店に通いたいもの。

来年こそは頑張って脱毛サロンにいきたいと思います!

彼氏もおかパーにハマりました

私は2人兄弟で、弟とはそんなに仲良くありません。口を開けば「ブスはこっち見んな」と言われるからです。

ですが私たち兄弟はよく「おかパーしない?」とお互い言い出します。

おかパーというのはお菓子パーティーの略で私はスーパーやディスカウントショップで大きいサイズのお菓子を買ってきて弟は駄菓子屋で売っているようなものをたくさん買ってきてそれを楽しむというものです。

おかパーをするときだけは兄弟、団結力があり仲が良いので母親も参戦してDVDを仲良く見ながらひたすらお菓子を食べ尽くします。

それをうっかり弟が私の彼氏がいる前で言ってしまいました。

彼氏からしてみれば、おかパーという言葉を初めて聞き母親は「いいね、すぐ準備しよう」などというもんだから怪しいことが始まると身構えていたようです。

彼氏が固まっていることに気づき、おかパーはお菓子パーティーのことだから準備っていうのはお菓子を各々調達してこようってことだよと説明すると彼氏は納得したようでした。

大体いつも用意しているお菓子たちを見て初めて食べるものもあったらしく彼氏はおいしかったようでおかパーにハマってしまいました。

その後私は実家を出て一人暮らしを始めて彼氏がうちに来ることが多いのですが最近では当たり前のようにおかパーしようと誘ってきます。